羨ましい?医師は何時の世もどこへ行っても引く手あまた。

食いっぱぐれのないのが医師免許

実働がなく名義貸しだけでも収入が得られる資格に医師免許があります。医師免許と同じく難関国家試験の弁護士試験(司法試験)に合格しても、年収が300万円に満たない弁護士が増えていますが、医師免許があれば食いっぱぐれの心配は無縁です。都市部ではクリニックが乱立していますが倒産したと言った話はなく、地方へ行けば医師や看護師の不足は慢性的に続いています。地方都市では、首長を凌ぐ給料を保証しても医師を確保できず、廃院に追い込まれることは珍しくありません。

医師であれば問題があってもAランク

以前までは大学病院の医局(教授を頂点とした人事組織)に力があり、過疎地に医師を派遣する力を有していましたが、2004年に新研修医制度が導入してからは医局の影響力が低下して都市部の一極集中が続いています。結婚相談所において医師であれば容姿や性格に問題があっても需要が高いAランク、職業紹介所においても医師がAランクであることに変わりはなく、引く手あまたな状態は今後も変わりません。ただし、生命に関わる医師の場合は、他の資格より遥かに大きな責任と信頼を背負っているので、患者の引き継ぎが済むまで離職はできません。

気軽にネットを使って転職

医局に力がある時は、母校の大学病院を通じて転職する方も多かったですが、ネットが普及した今日では、一番お得な店で商品を買うように、医師の転職先もネットを使って行われています。診療科目や母校名などを入力すると、病院はもちろん、医師コーディネーターなどあるゆる方から返事があり、条件の良いところに接触することができます。将来、クリニックを開業する予定の医師は、病院を数件渡り歩き、医長などの肩書を付ける箔付けを行います。医局だけでなく院長の力も低下している今日、院長の顔色を伺う医師は大学病院など一部に限られ、ライフスタイルにあった病院で働けるくらい医師の境遇は恵まれています。

医師 転職の場合、スキルや経験に対する評価が高い職場を探せるため、収入アップを図る上で大変効果的です。

標準