産後ママが気持ち良く働く為に!時短勤務の現状とコツについて

時短勤務の現状と人間関係について

近年は出産して子育てをしながら働く女性が増えましたが、子育て女性の受け入れが完璧かと言うとそうではない会社が多いです。産後働く女性の多くは時短勤務を利用して育児と仕事を両立するのですが、会社によっては同僚が時短勤務の産後ママの分をフォローしている状態です。その状態ではフォローしている同僚が産後ママのフォローで残業になる等負担がかかる為、中には職場の人間関係がギスギスして居ずらくなってしまう人もいます。

皆から気持ち良くフォローしてもらうには?

時短勤務しか出来ない産後ママが職場の人間関係に悩まない為には、いつも周囲に感謝する事が大切です。産後ママは育児、家事、仕事を精一杯こなしていますが、職場の人にそれは関係ないです。仕事面で助けてもらっている事を忘れず、ささいな事でもフォローしてもらったらお礼を言うと良いです。また勤務中はなるべく仕事を前倒しで進める等誰よりも働く事で、周囲から気持ち良くフォローしてもらえます。周囲のフォローがあればより働きやすくなるので、家庭と仕事の両立がぐっとしやすくなります。

頼れる人がいない産後ママにはこんな仕事がおすすめ!

産後周囲に頼れる人がいないけど働きたいと言う人がいますが、子供が小さいと風邪等で急に会社を休む事になりやすいです。その為頼りになる人が出来たり子供がある程度大きくなるまでは、急な休みにも対応出来る仕事を探すと良いです。例えば自分の好きな都合で出来るビラ配りや家庭で出来る内職等であれば、子育てをしながら稼ぐ事が出来ます。夫が定時に帰る家庭であれば、夫の帰宅後夜勤で働く仕事もあります。夜勤は日勤に比べ給与が良い仕事が多いので、がっつり稼ぎたい人にはおすすめです。

主婦にとって、子どもが小学生くらいになると、子どもの登校から下校までの朝8時~午後3時位までは比較的自由に使える時間ができます。その時間帯を利用して短時間勤務に従事するのが一般的な主婦のパートです。

標準