誰でも働きやすい職場を!現代の働き方にあった仕組み作りを

シングルマザーが働きやすい環境に

最近ではシングルマザーと言われる女性も多くなってきて、彼女たちは子供との生活のために自信が働く必要があります。しかし子供がまだ小さい時であれば勤務するにもいろいろと制限がでてきます。自分が勤務している間、近くに自分の実家があって親がご健在であれば、子供の面倒を見てもらうということが可能になりますが、そのような環境にない場合には、小さな子供の面倒を見てもらえるような施設に預かってもらう必要があります。

保育所費用も家計負担になる

しかし自分が勤務する会社の近くにそのように預かってくれる保育所があるとは限らないのです。あっても満員のために受け入れてもらえなかったりして、結局は勤務場所から遠かったりします。そのために早く出社して、出社前に預かってもらい、また退社する際も保育所に行く必要があり、時間的に延長保育をしてもらったりするため、預かってもらう費用も高くついてしまうことにもなりかねないのです。そのため稼いだお金が目減りしてしまいます。

今の働き方にあった仕組み作り

現在は女性の力も必要な時代で、子育てしながら働くことも珍しくない時代になっています。そのため子育てする女性が働きやすいような環境を準備することも企業側には必要になってきています。企業の近くにある保育所と業務提携をしたり、また企業内に保育所を設けることも考えれらます。実際にそのような環境を整えている企業も多くあります。働き方が多様化している中、どのような生活背景にある人たちでも仕事に集中できるような環境を提供することが必要になっています。

シングルマザーの仕事は、休暇が取得しやすい仕事場を選ぶことで、子育てをするうえで大きなメリットがります。

標準