押さえておきたい!コンビニバイトの基礎知識

コンビニバイトは身近なアルバイトといえます

あらゆる所にあり、たくさんの商品が発売されているので、利便性があるコンビニですが、実際の店舗に求人募集の紙がよく貼られています。また、求人情報誌にも、アルバイト募集をしている店がたくさん案内されています。コンビニは、16才より業務につく事ができ、朝から夜の時間帯など、自分自身の日々の生活に応じた都合が良い時間から勤務することができるという非常に大きなメリットがあります。コンビニは大学生などにとって、最も身近なアルバイトといえます。

コンビニの勤務体系について

シフトに関しては早朝や、午前中そして、夕方など細部にわたって区分されており、主として夜の時間帯の22時からが、深夜のシフトとなっています。この時間になると、利用者も僅かずつ少なくなってきます。夜中は昼間に対比させると利用者の総数が多くないので、接客する事があまり多くないですが、清掃や、荷物整理そして、検品など、取り組む事はいくつも存在します。それに加えて弁当や菓子といった販売品が入荷するので、夜中も体力仕事になります。時には、酔っ払った方が店に来る事もあります。コンビニの夜勤も大変です。

真夜中の勤務は睡魔に対しての課題があります

コンビニの深夜のシフトの長所は、何と言っても高い時給にあります。夜中の時給は1000円以上で、店によって開きがありますが原則的には高い時給です。利用者も僅かで、日中の間のように客への対応に追われる事もないと言えます。ところが、真夜中の勤務の最も大きい試練は、睡魔に勝つことが出来るかです。夜中に継続して目を開けていると、何気なく眠くなってしまうといえます。その一方で、勤務している間に寝るわけにも行かないので、睡魔と奮闘することが求められます。

コンビニのバイトは、未経験者でもすぐに仕事内容を覚えることができ、マニュアルが完備されていることが特徴です。

標準